食・農・森と共に・・・FOORMESTセラピー  ~3つのF(Food/Farm/Forest)で癒しの生活~

worldspice.exblog.jp
ブログトップ

シンガポール スパイス&ハーブガーデン

シンガポールにある私の母校の料理学校at-sunrice

そしてスパイス&ハーブガーデン
b0127511_168411.jpg


こちらを案内させていただくプロジェクトのコーディネートをさせていただきました。

ここフォート・カニング・パークにあるスパイスガーデンでは熱帯の様々な植物を見ることができます。

たとえば・・・・

「パンダンリーフ」 (和名:タコヤシ)
b0127511_1691250.jpg


ココナッツミルクとの相性が良く、スィーツの香りづけや、シンガポールの有名な「カヤ・トースト」というココナッツミルクのジャムの色づけに使われている葉。タイでは鶏肉を包んで香りをつけてフライドチキンにしたりと、使用用途は様々。


「カリーリーフ」
b0127511_16105100.jpg


インド料理でも特に南インド料理に使われる葉。油で炒めたり、一緒に煮込んだりすると、かぐわしいカレーの香りがします。


「トーチ・ジンジャー」
b0127511_16105545.jpg


生姜の仲間。根を食すのではなく、香りのある花をヌードルの香味野菜として使います。

「生姜」と言うには、不思議な植物ですよね。。。

でもこれを見ると東南アジアらしさを感じるのです。


ここでは料理学校のシェフによる、「スパイスガーデンツアー」が行われました。

スパイスを料理に使う時には、
◆香りづけ
◆風味づけ
◆色づけ
◆臭み消し

などが基本的な使いかたですが、それ以外にも食欲増進や、薬効があるのです。

昔の人々はそれらを上手く組み合わせて使っていたのですね。

シェフからそれぞれのスパイスについて説明を伺い、実際に香りを嗅いでみます。

なかなか植物としてのスパイスを見る機会はないのですが、こうして自分の目で見て体験することによって、

ますます興味を持っていただけるのではないかと思います。


シンガポールならではのユニークな体験ができますよ
[PR]
# by TOMMYspice | 2007-07-17 22:14

スパイスコーディネーター

晴れて合格しました。


スパイスコーディネーター

今まで海外で学んできたことも含め、多くの方にスパイスの魅力・楽しさを伝えていければ、
と思っております。

そして来月からはさらに上の「マスターコース」にもチャレンジ!
今からワクワクです。

b0127511_1632786.jpg
CERTIFICATEの写真中央の葉は、ベランダガーデンから摘んできた「オレガノ」

シソ科のスパイス(ハーブ)、「オレガノ」は世界でも最も古くから用いられてきたもの。

古代ローマでは有名な美食家アピシウスの料理の本に、

“オレガノはソースを美味しくするスパイス”

という記述があるとか。

とても爽やか且つ甘美な香りがするのです。


ちょうど今の時期は花が咲く頃。

花言葉は「財産・輝き」

私にとっても、こうして好きなことを学ぶことは心の「財産」です。
[PR]
# by TOMMYspice | 2007-07-15 22:00 | スパイス