食・農・森と共に・・・FOORMESTセラピー  ~3つのF(Food/Farm/Forest)で癒しの生活~

worldspice.exblog.jp
ブログトップ

圧力鍋 DE 山菜おこわ

昨日のパーティーに持参した「山菜おこわ」
実は圧力鍋で作ったので、ものすごくスピーディーに仕上がるスグレメニュー♪事前に山菜の下準備さえしておけば、当日は「あっ」という間!

<圧力鍋 DE 山菜おこわ>
b0127511_18284675.jpg


【材料 2合分】

ゼンマイ  適量
わらび   適量
A: 出汁   200cc
   みりん  大さじ2
   醤油   大さじ2
   砂糖   大さじ1

根まがりダケ   5~6本
シメジ        1/2パック
ニンジン      40g
油揚げ       1/2枚

B: 薄口醤油   大さじ1
   酒       大さじ2
   水            ⇒Bを合わせて300cc
   塩  少々

もち米   2合

【作り方】

山菜の下準備:
●ゼンマイの戻し方●
乾燥させたゼンマイは鍋に水をはり、水から入れて沸騰前に取り出し、冷水に取る。これを2~3回くらい取り出し、だいぶ戻ってきたらそのまま熱湯で数分茹で、また冷水にとっておく。

1.戻したゼンマイ、アクをぬいたワラビは2~3cmの長さに切り、Aの出汁と調味料で味がしみるまで煮る。

2.根まがりダケはさっとゆがいて5mm幅に切り、しめじは小房にほぐす。
  ニンジンは2~3cmの長さの千切り、油揚げは袋状を半分にして、
  ニンジンに近い大きさに千切りする。

3.圧力鍋に軽く研いだもち米をいれ、Bをよく混ぜ合わせて加える。
  米の上に根まがりダケと油揚げをのせる。
  ①の煮た山菜はザルにとって水気を切り、ニンジン、シメジと共に
  のせる。

4.火をつけ、弱い圧力レベルにし、圧力がかかったら4~5分加熱して、
  そのまま常圧に戻るまで放置する。
  ☆できあがり☆

【ポイント】
ワラビやゼンマイはややアクがあるので、煮て下味をつけておくと、食べやすいです。水煮だったら、下味はつけると甘めの仕上がりになるので、お好みで。

圧力鍋なら、たったの5分で炊飯!
下準備には時間がかかりますが、当日は驚くほどカンタン♪

ちなみに・・・材料の山菜は振り返れば4月末の山菜採りの時に仕入れた獲物ちゃん。
あのゼンマイをアク抜きして、3~4日干した「自家製干しゼンマイ」だったのです~(この時キャンプで使う、つるす食器干し網が役にたちました!)

b0127511_1831276.jpgこ~んなカラカラの干からびたゼンマイ。








b0127511_18315632.jpgでも湯と水で戻すと、なんとかそれっぽく。








そしてついに「おこわ」になってしまったのですから、材料調達からの思い入れ満点なメニューです。
さらにワラビは先週ダンナさんが山で採ってきたもの。

b0127511_18323081.jpg根曲がりダケは昨日Oisixで届いたもの。(これはさすがに買いました!)
山菜もお取り寄せできるなんて、Oisixに感謝です♪









今年は我が家もこれで春の山菜料理の〆になるかもしれません。
か~な~り~、山の幸「山菜」を満喫♪な2008年なのでした。
↓レシピブログに参加してみました。
  応援してくださる方はクリックいただけると嬉しいです。




   
[PR]
by TOMMYspice | 2008-06-22 18:01 | 山菜